国内ニュース

JAL飛行機JL6が左エンジンから出火 緊急着陸 原因はバードストライク?

投稿日:

*0時9分頃 緊急着陸成功

機体にタラップ接続するも安全確認中で乗客は未だ降りられず。

JAL6

11時頃 羽田C滑走路発、NY行きのJAL日本航空6便の飛行機が左エンジンから出火ということで緊急事態を宣言、羽田空港に引き返しました。離陸後、左エンジンに鳥を巻き込んだ(バードストライク)ようです。詳しい原因は調査中です。

また一部空港CM滑走路の芝生が焼けましたが鎮火されています。現在C滑走路は封鎖中。

緊急着陸前に旋回しながら燃料を捨てた後、羽田空港に0時9分頃 緊急着陸しました。

エンジン出火時の映像(動画)

映像では左エンジンから一瞬火が噴くのが確認できます。

旋回中の画像

乗客の人数は248人

乗客乗員は248人、けが人はでてません。

出火はなぜ分かった?

離陸後、空港職員が左エンジンから出火しているのを確認し、パイロットに伝えたとのことです。

緊急着陸は成功

消防車も出動し騒然となりましたが、出火は鎮火しており作業員が左エンジン近くで目視確認できる状態にはなっています。

燃料を捨てる理由

燃料を捨てる時間があれば早く着陸すればいいと思いますが、国際線は燃料を沢山積んでいるので機体がとても重たくなっています。そのまま着陸すると滑走路が足りずオーバーランしてしまうことがありますので空中で燃料を捨ててから着陸態勢に入ります。

トラブルを起こした機体はボーイング777型機

 

キャッシュレス決済5%還元の今がチャンス!

  • キャッシュレス決済5%還元
  • リアル店舗もあって安心
  • 毎日17時までのご注文で当日出荷!
  • カスタマイズしても2日で出荷!

-国内ニュース

Copyright© 旬のニュース , 2019 All Rights Reserved.